IMG_0227.JPG

志方営農組合さんが、加古川市のイベントで 2月に小学生のお子さんと一緒にピザをつくることになりました。そこで、簡易タイプのレンガで作るピザ窯を用意されましたので、試運転に材料を持って行ってきました。

いつもそうなのですが、当日も、様々な方々が15名ほどお集りになられていたのに ピーク時間は必死になっているため、全然写真が撮れませんでした。でも、本当に楽しい一日でした。




IMG_0231.JPG
この窯は、大人数人で30分で組み立て完了します。ばらせますので、ピザ窯の移動もできるわけですね。

画像からは見えにくいのですが、口の真ん中に一枚の大きいレンガの板があります。 下側は、薪を燃やします。
奥に隙間があり、薪で作られた熱が自然対流して上の部分で材料に熱を加えるという仕組みです。

内部の温度はピーク時で350℃は優に越えていたと思います。でも、外側のレンガは、短時間なら素手で触れても大丈夫でした。


窯内部の温度コントロールは、室外ですので、その時の外気温などにも影響されます。難しいもので ガスや電気のようにはいきません。 

火の番をしてくれていた方が、コツをつかんでからは凄く安定してきました。 薪の炎で作られた焦げ部分の味は、ガスで出来た焦げの味とは違います。 どちらかというと、炭よりの焦げの感じですね。
香ばしいです。





IMG_0228.JPG

親子で楽しくピザを作って食べれるように、皆さんで色々な話を作りながら仕上げていきました。手伝ってくれたスタッフの皆さんもすごくテキパキしていて、助かりました。



IMG_0238.JPG

今回のピザで使われたこの強力粉は、増田さんの粉です。 すごくきめが細かく、繊細でした。 お店でパンも焼きましたが、弾力はあるのにソフトさも兼ね揃えている、優しい強力粉に仕上がっています。



最後に、ちゃんとお役に立てたのか心配になりましたが、理事・副理事をはじめ、農林水産課の方やスタッフの方々にもお世話になりました。 すごく有意義で楽しい時間でした。有難うございました。